カテゴリー:"園日誌"の記事

打楽器と絵画制作の研修

 

その道の専門家から学ぶ機会を大切にしています。
9月27日(月)は、年中・年長組の子どもたちが、和泉小学校校長 今成先生に打楽器の指導をしていただきました。

年中組 小打楽器の奏法

年中組 小打楽器の奏法


年長組 スティックを使った小太鼓の奏法

年長組 スティックを使った小太鼓の奏法


「楽器は赤ちゃんと同じに大切に」「ことりさんがくちばしでつつくように打つ」「富士山の形でバチを構える」など、子どもたちに分かりやすく指導していただきました。
9月28日(火)は、近代美術館の学芸員 金澤先生から、保育者対象に絵画の研修をしていただきました。
クラスごとに子どもたちの絵を鑑賞しました。

クラスごとに子どもたちの絵を鑑賞しました。


気になった作品を探します。

気になった作品を探します。


合評しあった後、解説をしていただきました

合評しあった後、解説をしていただきました


保育者は、幼児教育・保育の質の向上のために研修の義務があります。
しかし、勤務と並行しての実施となるので、その機会をもつことはなかなか難しいです。
保育力アップのために園内外での研修の機会をできる限り設け、明日の保育に活かすことができるようにしたいと思います。

カテゴリー: 園日誌 — kibou @ 2021年09月29日 (水) 9:30 AM

川上作品コーナー

 

玄関を入った虹色窓の前に、手作りジオラマアートコーナーがあります。
園バス運転手の川上さんの作品です。紙粘土のとてもリアルなお人形は、川上さんのお兄さんの作品です。
昭和ののどかな田舎の風景がとてもノスタルジックで、虹の窓の光に照らされるとちょうど、夕方の音や匂いまで感じてきます。
期間をおいてまた新しく飾ってくださいます。お楽しみに!

第1回作 五重塔

第1回作 五重塔

第2回作 大根の収穫

第2回作 大根の収穫

百束の半鐘

第3回作 百束の半鐘

今回は大人向きの作品 お百姓さん

今回は大人向きの作品 お百姓さん

西洋館の秋

西洋館の秋

第6回作 里の秋

第6作 里の秋

第7作 柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺

第7作 柿食えば鐘が鳴るなり法隆寺

第8回作 協会の収穫祭

第8回作 協会の収穫祭

第9作 木枯らし

第9作 木枯らし

第10作 田舎のお百姓さん

第10作 田舎のお百姓さん

第11作 みんなでパーティー

第11作 みんなでパーティー

第13作 ふるさとの春

第13作 ふるさとの春

第14作 村の子どもたちの夏

第14作 村の子どもたちの夏

第15作 神社で一休み

第15作 神社で一休み

第16作 豊年満作

第16作 豊年満作

第17作 秋の夕日に

第17作 秋の夕日に

第18作 お爺さん お婆さん

第18作 お爺さん お婆さん

第19作 春に向かって勢ぞろい

第19作 春に向かって勢ぞろい

第20作 村はずれの春

第20作 村はずれの春

第21作 あの ふ~るさとへ かえろかな~ か~えろ~~かな~♪

第21作 あの ふ~るさとへ かえろかな~ か~えろ~~かな~♪

第22作 陽だまりでいっぷく

第22作 陽だまりでいっぷく


手前の「軒下のつぶやき」は、川上さんのお兄様 川上和男氏の遺作です。ほのぼのとした詩やエッセイなどが載っています。是非手にとってご覧ください。コーナーのお人形さんたちも、和男氏の作品です。
第23作 黄昏の道化師

第23作 黄昏の道化師


第24作 ちょっと一休み

第24作 ちょっと一休み

カテゴリー: 園日誌 — kibou @ 2021年09月08日 (水) 12:20 PM

この本おもしろいよ②

 

 暑い中、個別面談にご参加いただきありがとうございます。
夏休みが始まり、お子様方と過ごす機会を大事にされていることと思います。
 反面、ちょっとばかりいら立つことだってありますよね。
 そんな時に、参考になる本を紹介します。
 この前紹介した「幸せ子育てのコツ」同様、我が子が小さいときに、こんな本に出合っていたらよかったのに・・・・と思います。
CIMG2560 (2)
CIMG2561 (2)

カテゴリー: 園日誌 — kibou @ 2021年07月27日 (火) 2:58 PM

この本おもしろいよ

 

大型連休が始まります。
ご家族で楽しく過ごしてほしいですが、あいにくの天気とあいにくのコロナ禍・・・
家族みんなで本を読んで過ごすのもよいかなと思います。
子どもたちは絵本を持ち帰りました。是非読んでほしいと思います。
お母さん、お父さんにはこの本をお勧めします。
すぐに読めます。なるほど、と思います。
私も、子育ての時期に読んでおけたらよかった・・・・・
CIMG2326_640
CIMG2325_640

カテゴリー: 園日誌 — kibou @ 2021年04月30日 (金) 6:31 PM

春の草花

 

今朝、年長組の男の子が手に可憐な紫の草花をもって登園してきました。
「水をあげたいな。水をあげないとしおれるよ。」
と言うので、小さい紙コップに入れてあげました。

ぶどうみたいな…

ぶどうみたいな…


小さいころから、登園の道すがら草花を摘んでは持ってきてくれました。
普通に歩くより2倍も3倍もかかるのですが、お母さんは、図鑑を片手に根気強く付き合っていました。
「なんていう名前?」
と聞くと、
「お母さんが教えてくれたけど、忘れちゃった。」
と。別の女の子が、
「ぶどうみたいだね。」
発想豊かです。別名は、ブドウヒヤシンスというらしいですから。
そこへ、こすもす組の男の子が来て、
「アジサイみたいだね。えっと、ムスカリだよ。」
と。
「物知りだね。」
と言うと、
「物知りじゃないよ。お母さんに教えてもらったんだよ。」
子どもの好奇心に根気良く付き合ってくださったり、応えていただいたりするお母さんの存在がすてきだなと思います。
年長組の女の子は、ヒメオドリコソウを摘んできてくれました。
ヒメオドリコソウ

ヒメオドリコソウ


心優しい子どもたちです。朝から、ほっこりしました。
CIMG2307_640

カテゴリー: 園日誌 — kibou @ 2021年04月23日 (金) 11:55 AM

先生たちも絵のお勉強

 

10月2日、先生たちは三条市立裏館小学校の金澤教頭先生から「子どもの絵」について指導をしていただきました。
描き途中の絵を題材にして、子どもの思いを広げ、存分に楽しく描くための言葉がけや支援の仕方について学びました。これからの絵画制作に生かすことができる、大変有意義なひと時でした。

先生のエプロンを大切に心を込めて描いていますね

先生のエプロンを大切に心を込めて描いていますね

カテゴリー: 園日誌 — kibou @ 2020年10月05日 (月) 4:53 PM

始まってから1週間の子どもたち

 

令和2年度が始まって1週間。子どもたちは、元気に幼稚園生活を送っています。
新入園の子どもたちは、まだ慣れない様子で、ママから離れると泣いてしまいます。それも、日に日に少なくなり、自分なりの居場所ややりたいことを見つけ、だんだんとなじんでいます。
在園の子どもたちは未満児組でも、新入園のお友達が泣いているとき、慰めたり遊びに誘ったり、先生に世話をかけまいと気丈にがんばったりして…けなげです。
何事も経験だなとつくづく思います。
今年度は、子どもたちの体力の向上を目指し、まず、自分の体を動かして遊ぶことが大好きな子どもたちを育てたいと考えます。
晴れた日は、園庭に出て遊んだり、散歩に出かけたりしています。

鬼ごっこしよう!

鬼ごっこしよう!


ブランコ 一人でこげるよ!

ブランコ 一人でこげるよ!


砂遊びもOK!

砂遊びもOK!


4月20日から、朝8:30~9:00は 「わくわくタイム」です。子どもたちが、園庭や遊戯室でも自分で選んだ遊びを展開できます。(コロナウイルスの拡大があった場合は、変更することになります。)
参考 乳幼児期の教育お便り必要感(グレース保育園作成)

カテゴリー: 園日誌 — kibou @ 2020年04月10日 (金) 5:08 PM

ヘイミッシュ先生と劇あそび ちゅうりっぷ組

 

ちゅうりっぷ組の子どもたちは、今、劇あそびに夢中です。
今日は、ヘイミッシュ先生と絵本で親しんでいた「おおきなかぶ」の劇あそびを楽しみました。
ヘイミッシュ先生と一緒に「Heave ho‼(うんとこしょ どっこいしょ)」と言って、かぶを引っ張りました。

まずは 先生たちがお手本

まずは 先生たちがお手本


かぶを引っ張るおじいさん おばあさん 孫

かぶを引っ張るおじいさん おばあさん 孫


みんなで Heave ho‼

みんなで Heave ho‼


楽しかったね!(^^)!

楽しかったね!(^^)!

カテゴリー: イベント, 園日誌 — kibou @ 2020年01月31日 (金) 6:49 PM

クリスマスコンサート ハンドパン

 

子育て支援の活動と共催でクリスマスコンサートを行いました。

ハンドパンは2001年にスイスで生まれた楽器で、インドネシアのガムランのような心地いい響きが特徴です。演奏者は久保田良平さん。茨城県出身の久保田さんは高校生のときにハンドパンに魅せられて独学で演奏法を学んだそうです。弱冠21歳。金物の町、三条市の地域おこし協力隊にも着任され、三条金物でのハンドパン製作にも一役買っていらっしゃいます。

キャリアはまだ数年だということですが、「久保田リョウヘイ」名義で演奏活動を行い、昨年5月24日にファーストアルバム「RISING」をリリース。(購入希望の方は熊木教諭まで)ヨーロッパでも演奏活動を行うなど国内外で活躍しておられます。

子どもたちには、エスニックな音色が受け入れられるか心配でしたが、癒しの音色が心地よかったらしく、どの子もとてもにこやかに聴き入り、穏やかなひと時を過ごしました。

一人ひとり体験もさせていただきました。

NSTが久保田さんに密着取材をしており、今日もテレビカメラが入りました。1月19日に放映予定です。

初めて聞く音色に興味津々

初めて聞く音色に興味津々


一人ひとり 久保田さんとセッション!?

一人ひとり 久保田さんとセッション!?

カテゴリー: 園日誌 — kibou @ 2019年12月16日 (月) 6:11 PM

発表会リハーサル

 

リリックホールで発表会のリハーサルをしました。
どのクラスの子どもたちも、いきいきとした表現でした。
12月1日の発表会まで、わくわくした気持ちをもち続けて、楽しく表現できるといいなと思います。
周辺では、インフルエンザが流行しているようです。
どうか、みんな、無事でいられますように。うがい手洗い、栄養を摂って睡眠を十分に。

すずらん組

すずらん組


こすもす組

こすもす組


ひまわり組

ひまわり組

カテゴリー: 園日誌 — kibou @ 2019年11月21日 (木) 6:57 PM
次ページへ »