ちゅうりっぷ組 お店屋さんごっこをしたよ

 

幼児期に育てたい非認知能力という言葉を耳にしたことはありますか?
当園でも大事にしているのですが、
• 関心をもつ
• 熱中する
• 困難なことややったことがないことに立ち向かう
• 他者とコミュニケーションを図る
• 自ら責任を担う等
学びのもととなる能力です。
非認知能力はマニュアル的な保育ではあまり伸びません。その能力を伸ばすには、子ども一人ひとりの興味や意欲を丁寧に見取り、それに合わせた環境を構成する必要があります。個や集団の視点から子どもを深く見取り、経験の意味を理解し、次にどのような活動につなげるかを考えて環境設定に努めています。そうした視点がないと、単発的な活動になりやすくなります。単発の活動は、子どもにとっては「与えられた」活動であり、経験が積み重ねられず、非認知能力も伸びにくくなるのです。
ちゅうりっぷ組で行ったお店屋さんごっこ。日々子どもたちが行っているおままごとからの発展的な遊びです。自分たちがしたいこと、やってみたいことを実現できた喜びが表情にあふれています。
活動を思い切り楽しんだ経験が、次の活動へ、3歳以上児の遊びへと発展していきます。遊びをとおして、非認知能力を育てていきたいと考えます。

いらっしゃいませー! どれを買おうかな~?

いらっしゃいませー! どれを買おうかな~?


いちごのショートケーキはいかがですか?

いちごのショートケーキはいかがですか?


おいくらですか?

おいくらですか?

カテゴリー: イベント — kibou @ 2021年02月02日 (火) 2:49 PM